Sponsored Link

鬼太郎茶屋~調布市深大寺

【鬼太郎茶屋~調布市深大寺】
調布市深大寺にある『鬼太郎茶屋』へ行ってまいりました。
「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるさんが、
この調布に50年以上も住み続けていらっしゃるそうで、
深大寺周辺のあるお店に「ゲゲゲの鬼太郎」が生息しておりました。

バス停を降りて、山門に向かう道に入るとすぐに『鬼太郎茶屋』があります。
いきなり「ねずみ男」の像が現れてびっくりしました。
12月に訪問したのでサンタ帽をかぶってましたよ。

鬼太郎カフェ

この表情。「ねずみ男」でありますが、じっとみてるとなんだか癒されます・・・。鬼太郎茶屋

「鬼太郎茶屋」は築40年以上の古い日本家屋で、
昭和の匂いがプンプンしてます。

店先と店内には所狭しとグッズが並べてありました。
奥に「鬼太郎茶屋」のお座敷があります。

2012_1209_103856

屋根の上には大きな鬼太郎のゲタが置いてあり、
ゲゲゲの鬼太郎のキャラクターの壁画があります。

2012_1209_103909

鬼太郎茶屋のそばの木の上には、鬼太郎ハウスが!
わわっ!木にゲタがはりついてる~。
「鬼太郎茶屋」 は屋外の「喫茶コーナー」とお店の奥の「お座敷」の二箇所で
楽しむことができます。屋外の喫茶コーナーには鬼太郎のオブジェがいっぱい。
鬼太郎ワールドが広がっています。

2012_1209_103636

赤と緑のクリスマスカラーの目玉のおやじちょうちんが、かわいらしく並んでいました。

2012_1209_103455

これは・・・。妖怪らしい汚れ具合ですね・・・。怖い・・・。夜に見たくない・・・。

2012_1209_103503

こちらの方が、表情怖いですが、さっきのと比べるとほっとします。

2012_1209_103531

「古代の石臼」です。
~古代からある神聖な石臼とされており、
右にまわすと来世、左にまわすと前世に生まれ変わるといわれています。

この石臼は「ゲゲゲの鬼太郎」の物語の中に登場し
極悪非道ないたずらで人を困らせるのを趣味とする「妖怪ぬらりひょん」が
ジャマな鬼太郎の殺害を図りますが、

逆にタイムマシンでもある古代の石臼でマンモスのいる時代に
置き去りにされてしまうのです~

このシーン、なんだか私うっすらと記憶にあります。
子供の頃、おばあちゃんの家のテレビで見たような気がします。
「さわらないでね!」の張り紙がありましたので、
まわすことができませんでしたが、まわしてみたかったです~。

2012_1209_103556

ベンチに目が・・・。「ぬりかべ」ちゃんですね。
こんなかわいいベンチなら思わず座りたくなっちゃいますね。

「喫茶コーナー」でカフェタイムも楽しそうですが、
メインはお座敷の方なので、そちらに移動です。

2012_1209_103604

ショップの奥が「鬼太郎茶屋」のお座敷になっています。

2012_1209_104124

じゃじゃ~ん。こちらが「鬼太郎茶屋」のお座敷です。
鬼太郎と目玉のおやじがお出迎えしてくれました。(もしや等身大?)
木のちゃぶだいと、畳のお部屋です。

2012_1209_104429

「ぬりかべ」ちゃんもいますよ~。ついたてと化してました。

2012_1209_104452

2012_1209_104503

水木しげるさんのサインや昔の本が読み放題~。
8歳の娘、「ゲゲゲの鬼太郎」は再放送でチラッとみただけでなじみがないのですが、
1冊手にとり、じっくり読んでました。鬼太郎は現代っ子にも魅力的なんですね^^

2012_1209_104527

窓ガラスには「一反もんめ」~。
戸をあけると、「喫茶コーナー」にでることができます。

2012_1209_105039

寒い日だったので、あったかい「ぜんざい」を注文しました。
「目玉のおやじ栗ぜんざい」
~鬼太郎茶屋の定番甘味 目玉もちをお椀のお風呂に入れてめしあがれ~。
塩昆布があまいぜんざいに合うことを初めて知りました。

2012_1209_105120

目玉のおやじを食すのは、ちと勇気がいります。笑

 

「妖怪抹茶せっと」

2012_1209_105012

~妖怪人形焼きは全部で4種類。どの妖怪がでるかはお楽しみ~
「目玉のおやじ」と「ねずみこぞう」だ~。
ということは残りの2種は「鬼太郎」と誰かしら?

2012_1209_105857

人形焼の置いてあった紙には、「なまけ者になりなさい~水木しげる」というメッセージ。
深いお言葉ですね・・・。

2012_1209_105214

「ぬり壁のみそおでん」~。かわゆい!!!
ですが、私、こんにゃくが苦手なんです。(実はゼリーやグミも苦手)
2本とも旦那のお腹に納めてもらいました。
お味は、「普通のこんにゃく」だそうです。

2012_1209_105659

娘用、「じゃこころっけ」 コロッケにジャコがまぶしてありました。
揚げたてで、ほっくほっく。まぶされたジャコがいい味を出してました。
こちら、鳥取県境港市の小倉水産食品さんのコロッケです。
水木しげるさんのご出身地が境港(さかいみなと)なんです。

私の実家が転勤族で、島根県松江市や、鳥取県米子市に住んでいたことがあり、
私が帰省すると父と母が、境港にお魚を買いにいったり、
「水木しげるロード」に連れていってくれたりしたものです。
そんな懐かしい思い出をこのコロッケがよみがえらせてくれました。

ありがとう~!!

2012_1209_104648

メニューより:食べたかった「ソフトクリーム」。
一反もめんの木べらに、目玉餅のトッピング~。
今回は寒くて断念しましたが、次回は必ず~。
他にも「一反もめんの茶屋サンデー」「妖怪クリームあんみつ」「カベ(壁)オーレゼリー」
「砂かけ寒天」「目玉のおやじまん」など、
キャラカフェファンにはたまらないメニューがありました。

2012_1209_103943

テイクアウトコーナーもありますので、
コロッケやソフトクリームや「目玉のおやじまん」は通りすがりに食べることもできますよ^^そして、このお店ですが、2階が「妖怪ギャラリー」になってます。

2012_1209_111102

2012_1209_111146

「妖怪ポスト」に100円を入れると入場できます。

2012_1209_111424

階段にはいろんな足跡が~。大きいのやら小さいのやらいろいろです。
ではギャラリーの展示の一部をほんのちょっぴり公開です。

2012_1209_111830

全国の妖怪地図です。
2012_1209_111942

これを見れば、妖怪たちの体の秘密がよくわかります。
目玉のおやじの体には2つの目があるそうです。

2012_1209_111920

かわいらしいジオラマ。妖怪たちのほのぼのとした世界が広がっています。

2012_1209_112354

狭いギャラリーですが、他にも楽しいくて怖い展示がいろいろと並んでいましたよ。

2012_1209_111604

水木しげる先生がお出迎え~。甘いものが大好きなんですって。
だから甘味屋さんなのですね♪
ここはギャラリー横の「癒しのデッキ」です。

2012_1209_111544

古いお家なので、隙間風がピューピュー。
ちょっと寒かったけれど、木漏れ日がそそいで、森林浴をしているような気分になります。
ここで抹茶をすすりたくなりましたが、こちらはカフェではないのが残念。

2012_1209_111550

話題になった「ゲゲゲの女房」のコーナーもありました。

2012_1209_112858

1階のおトイレ。「ねずみおとこ」が目印です。

2012_1209_122802

店を出ると、「鬼太郎茶屋」の車がとまっていました。
ナンバープレートが「鳥取」ナンバーだったのでびっくり。
鳥取の境港から来たのかしら?はるばるご苦労さんです。

2012_1209_122752

【お店情報】
鬼太郎茶屋~調布深大寺
住所 東京都調布市深大寺元町5-12-8 深大寺門前